The Golf Retreat Asia Blog

タイランドゴルフトラベルマート(TGTM2019)に行ってきました

少し前になりますが、タイランドゴルフトラベルマートに出席しました。

タイランドゴルフトラベルマートとは?

タイのツーリズムビジネスの中でも、ゴルフに特化した商談会で、タイ側からはゴルフ場やホテル、旅行会社などが出展し、海外からは24か国から116人のトップレベルのゴルフツアーオペレーターが集まる商談会です。

中国(22)、日本(17)、インド(9)、韓国(8)、シンガポール(7)が上位5カ国で、日本は世界でも2番目に重要な訪問客とされています。
そして今回は新たに新規市場として、オーストリア、ベルギー、チェコ共和国、ルクセンブルク、オランダ、スロバキア、ポルトガル、スウェーデンなどからの59人が招待されたそうです。特にヨーロッパ市場は旅行産業が活発なので重要なセグメントとされているようです。

タイの観光産業はGDP比で約30%と製造輸出業につぐ第二の産業として発展を支えています。
2019年に訪タイ観光客は4000万人を突破する見通しで、これはタイの人口の半数を超え、国際観光収入は600億ドルに迫ると言われています。
これはマカオ(360億ドル)や日本(340億ドル)、香港(330億ドル)、中国本土(330億ドル)の2倍近くに相当し、アジアでは屈指の観光立国として知られています。
ちなみに日本からのタイへの渡航者数は年間160万人で、そのうち15%程度がゴルフツーリズムだと言われています。

どんな人がきているのか?


招待されているのは旅行会社がメインですが、日本からはゴルフメディアも5社招待され、ゴルフレッスンの会社では唯一TGRが招待されました。光栄なことです。

開催場所

今年はチェンマイで開催されました。

タイ国内の様々なゴルフディスティネーションが毎年会場に選ばれていますが、2016年はパタヤ、2017年はカオヤイ、2018年がプーケット、そして2019年がチェンマイでした。
ゴルフツーリズムはアフターゴルフが充実しているバンコクへの一極集中が課題になっているためか、地方都市で開催されることが多いようです。

TGTMの内容


1日目がオープニングセレモニー→商談会→ウェルカムパーティ
2日目が商談会→TAT主催のネットワーキングパーティ
3日目がネットワーキングゴルフ
という内容でした。
ネットワーキングゴルフではドラコン、ニアピン、バーディ数の賞をいただきました(^^;

今後もタイ政府観光庁と連携をしながら、豊かなゴルフツーリズムの体験を提供していければと思っております。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Author

大矢隆司(おおやたかし)

1980715日生まれ
ゴルフコーチ(USGTF
メンタルフィットネストレーナー(NESTA

ゴルフフィットネストレーナー(JGFO

<経歴>
1995年 Hills Golf Academy Australiaへ3年間 単身ゴルフ留学
2001年 21才でゴルフティーチングライセンス取得
2005年 ゴルフコースレッスンGEN-TEN設立
2015年 経営学修士課程(MBA)修了
2018年 The Golf Retreat Asia 設立
2019年 メンタルフィットネストレーナー取得

 

<コメント>
「ゴルフを通じて人生を豊かにする」ことを目指して、様々な活動を行なっています。ゴルフ、健康、ビジネスの分野で社会に貢献できるよう頑張ります。

最近の記事

PAGE TOP